フラダンス ウエヘ 動き方

MENU

自宅で踊れるフラダンス

ウエヘの踊り方やステップなど

こんにちわ、トモコです^^
フラダンスの踊り方、ウエヘのステップです。ウエヘとは『開く』という意味です。

 

 

ウエヘの踊り方の場所から観たい方はコチラから御覧ください。

 

ウエヘは、ものすごく難しい^^;という印象がありました。カオ、カホロ、ヘラを覚えて、ウエヘとなるとまた別の感じがしました。。しかし、別のステップの登竜門的な立ち位置で、このステップをすることで別のステップも出来るようになってきますので、ぜひ覚えてくださいね^^。

 

ウエヘのやり方を箇条書きにすると

 

  1. 左に腰を振る、その時に右足のカカトを少しだけ上げます。
  2. 右足を床につけて両足に体重を乗せてあげます。そして両足をカカトを同時に上げます。
  3. 両膝を45度前に出して、O脚の状態にしたあと、上げたカカトを降ろします。

 

です。

 

注意点としては

 

  • 片足が床に付いた時、両カカトを上げ下ろしすること
  • 膝を開かずにモモを持ち上げます

 

こういったところを注意してあげます。ほんとウエヘは難しく、最初は挫けそうになりますが、しっかりと練習すれば大丈夫ですので頑張っていきましょう!

 

 

ウエヘですが、■■両膝を前に突き出す動き■■です。突き出す、押し出す、いろいろと言い方がありますが、前に押し出すという部分をしっかりと意識しておきましょう。

 

 

これも、ヘラと同様に膝を曲げて、■■右足ステップ、両カカト上げ、左足ステップ、両カカト上げ■■の順番で足を動かします。カカトを上げた時、膝を前へ押し出すというイメージを持って踊ります。

 

 

膝を開かずに、太モモを持ち上げるようなイメージでするといいと言われています。ですので、その部分を意識して行って下さい。持ち上げたカカトですが、両足を同時に降ろします。

 

 

分かりづらいかもしれませんが、右足をステップした時は腰は左側、逆に左足をステップした時は腰は右側になります。

 

 

両カカトを上げながら膝を勢いを付けて前へ出すというイメージですね。ちょっとスピードがあるリズムですと、最初はたどたどしいなると思いますので、まずしっかりとユックリしたリズムで練習して下さい。

 

 

下ろす、カカトを上げる、反対の足を上げるというのが最初はどうしても難しいんですよね、、通常のリズムで行うと数回繰り返すと出来ないという事が多いですので、やはり最初の部分でつまずく事が多いかもしれません。

 

 

でも、このステップ自体はすごく覚えると発展が効きますので、しっかりとユックリのリズムで練習するといいです。私は最初はユックリからずっとやりながら体に染み込ませる事をイメージしました。

 

 

腰を腹筋で引き上げるというイメージを持つのが大事ですので、しっかりと腰を降ろし、膝を曲げてエネルギーを貯める勢いですかね^^。

 

 

膝を開かないという部分が大事で、モモをしっかりと持ち上げる。そして、片足が着地した後リズムよく両方のカカトをしっかりと持ち上げる事がウエヘではポイントとなります。

 

 

ハラウ(フラのスクールの呼び方)では、ウエヘの部分は『知っていますよね』的な感じで復習をしないという所もあるようですので、自分でしっかりと遅れを取らない様に勉強して挑んでくださいね^^。

 

 

フラダンスはどれだけ基本の踊り方が体に染み付いているかが大事ですので、しっかりと体に染み込むくらいの練習をしておくことが大事ですよ。

 

フラダンス