フラダンス カホロ 踊り方

MENU

自宅で踊れるフラダンス

フラダンスのカホロの踊り方です

こんにちわ、トモコです^^
今日はフラダンスの基本のカホロについてです^^。

 

 

カホロの踊り方から観たい方はコチラから御覧ください。

 

なお、カオの踊り方についてはコチラのページ(>>カオの踊り方)よりご覧下さいね^^。

 

 

フラダンスのカホロですが、一番最初に習う所と、カオを習う所と、いろいろなハラウ(フラのスクールの呼び方)によって習う順番が変わるようですが、これも重要なステップです。

 

 

カホロは歩くという意味で、ステップのあとから腰が一緒に連動してついていくイメージを持つことで、ねっとりとしたリラックスした動きを出すことが出来ます。

 

 

ここもカオと同様で、アタマの高さを変えず(体を上下に動かさない)に左右に直線で動かす事をイメージしていきます。

 

 

左右に二歩ずつ進み、体を上下に動かすこと無く、すり足のイメージで移動します。足を動かした後に体重を移動していきます。移動の際もカオと同様で腰を8の字で動かすイメージです。

 

 

腰を8の字というのが、最初覚えるのが難しんですよね^^;でも、慣れてくれば、、、というよりも、フラの基本の動きですので、やはり覚える必要がありますので、やればやるほど体に染み付いていきますので頑張りましょう^^。

 

 

カホロは左、右へ2歩ずつ進み、移動していきます。これも基本のカオの腰の動きを利用して行いますので、カオが出来てからカホロへと動くイメージですね。体を上下に動かさずに、左右均等に動かす事が大事です。

 

 

ステップの後から腰が付いてくるイメージですね。難しい。。。

 

 

カホロのやり方を箇条書すると、、、

 

  1. 腰を左へ振る、この時に右足も右に一歩出します。
  2. 体重を右足の方へとかけていきながら、左足と右足を揃えます。
  3. 腰はこの時に、体重を移動する惰性として釣られて付いていくというイメージで自然に振ります。

 

これを繰り返して行います。

 

 

腰の動きが全てカオですので、カオをしっかりと意識してやるのですが、カホロの注意点として大事なところ、意識しておくといいところは

 

  • ステップの後から腰が付いてくるイメージ
  • 左右均等に移動すること。
  • 腰は8の字を描くこと。
  • 膝は必ず曲がっていること(まっすぐだと重心移動が出来ない)
  • アタマの高さを変えずに、体を上下に動かさないこと。

 

カホロで大事なことはこういった部分ですね。腰と足が連動していけば流れている感じに見えてスタイリッシュに動くことが出来ます。

 

 

左右から練習するのですが、出来上がりのカホロのイメージを持ちましょう。ワン、ツー、スリー、タップ。という感じですね^^。

 

 

アタマの高さが難しいですので、上下動かさないように。。。

 

 

そして、コツですが、腰は腹筋で移動する側へ押し上げるイメージで動かす。腹筋を使っているイメージですね。中心に移動して、右へ移動。重心が移動して腰が引き上がる。このイメージを持ってスピードを上げても乱れない様にすることが大事。

 

 

膝は必ず曲がっていることが大事です。膝が曲がっていないと、重心の移動が出来ない為に、流れるような動きが出来ないし美しくないのです^^;膝を曲げておくことで、腰を腹筋で引き上げることが出来るため、スムーズにカホロが出来るようになります^^。

 

 

最初、カホロを覚えろうと思った時は、凄く難しくて絶対無理!!と思ったんですけどやってみると基本が出来ていれば大丈夫という事に気付きました^^。最初難しいかもしれませんが頑張ってみてください。

 

 

そして、移動する足を大きく動かすと、全体を動かす必要がありますので、肩幅ベースで動かすことで腰だけをスムーズに動かすことが出来ます。カホロの移動の際は肩幅の移動を心がけて下さい。

 

 

左に二歩、右に二歩、肩幅で動いて膝を曲げて上半身を上下に動かさない。

 

 

これを守ってあげることでカホロはキレイに動くことが出来ますので、ぜひ意識して下さいね^^。

 

フラダンス