フラダンス 上半身 基本 ハンドモーション

MENU

自宅で踊れるフラダンス

上半身の動きとハンドモーションについて

こんにちわ、トモコです(^^)
フラの上半身と腕と手の動きについて、優しい説明がある動画を紹介してみたいと思います。この動画でも言われていますが、ハラウ(フラのスクールの呼び方)によって動きが違います。

 

 

ハワイアンフラダンスの正解というのは存在せず、色々な手法ややり方があります。ですので、どれが一番とかでは決めることが出来ません。

 

 

そういった事を念頭に置き、しっかりと基本を学んでいってもらいたいと思います。私もそうでしたが、私自身、ハラウ(フラのスクールの呼び方)で恥ずかしい思いをたくさんするだろうという気持ちから、最初は有料のDVDや無料の動画で基本を学びました。

 

 

その後、ハラウ(フラのスクールの呼び方)へ入門したのですが、やはり動きや覚えていた事が若干変わっていました。しかし、基本的な動作自体は変わりませんので、しっかりとまず基本から覚えていくイメージを持って行きましょう。

 

 

コチラの動画のスクールで教えているハンドモーションを知ることが出来ます。好みなどがありますし、初心者の方であればアレコレと学ぶよりも、体系的に学ぶほうが速いですので、私の様に有料の動画を購入される方が結果は近くなると思います。

 

 

基本的なハンドモーションですが、まず、両肘を張り、手を胸の前へ持ってきます。この時手の平を下にしておきます。

 

 

ここのスクールでは、胸と手の間に拳一つ、そして両手の間にも拳一つを空ける様な姿勢が基本姿勢となっています。指先と指先が触れるかどうか位の所でというところもあります。

 

 

正直、この基本姿勢から色々と変わりますので、ハラウ(フラのスクールの呼び方)に合わせていきましょう。自分だけが違う動作であればオカシイですので^^;

 

 

ヒジが後ろとか下に行ったりせず、しっかりと水平にします。右にステップの足が行くときは、手を右にやります。肩が上がらないように、■■肩甲骨、腹筋、背筋■■を意識しながら手を出します。

 

 

注意点としては、基本姿勢(両手を胸の前にやっている所)から、右に手を出した時、出していない左手が右手に釣られて一緒に右よりに行ってしまうのはNGです。

 

 

あくまでも、手を出していない方の手は、しっかりと胸の前をキープしていて下さい。

 

 

これが■■ハンドモーションの基本で難しいところですが、反対側の手が一緒についていく■■のを防ぐことを初心者の時は意識しておく必要があります。

 

ハンドモーションについて

 

基本をマスターしたら今度はハンドモーションについて説明がされています。ハンドモーションについては、■■コチラの手の動きの基本■■について書いているページも御覧ください。

 

 

ハンドモーションの基本、良く使われている『アロハ』についての説明がされています。フラでよく使われるのでしっかりと出来るようにします。

 

 

胸の前で手をクロスさせます。その他、お花のツボミなども説明しています。風のハンドモーション、アタマの上で回す。目線が大事です。

 

その他は太陽、丸く大きな太陽を思い描く事が大事です。その時、肩が一緒に上がったり、猫背にならないように。

 

 

太陽から波へ、、ハワイの波を意識して、キレイな海をアタマに描き。優しく。雨も説明しています。指をパラパラと、、雨が空から落ちてくる様子を表現する。

 

 

ハンドモーションをする際には、■■肩甲骨は下ろし、腹筋と背筋は常に緊張させたまま■■で動かしていきます。肩が一緒に上がったり、猫背になっているとオカシイですので、しっかりと腹筋、背筋を意識して力をいれておきましょう。

 

 

ハンドモーションや上半身は色々な動きがありますので、ハラウ(フラのスクールの呼び方)で習う、そして私のように一つに体系的な方法で学ぶ事をオススメします。

 

フラダンス