フラダンス 衣装 レイ

MENU

自宅で踊れるフラダンス

フラダンスの楽しみのレイや衣装について

こんにちわ、トモコです^^。

 

フラダンスを始めるにあたり、どういった衣装がいいのかとか分からないと思いますが、フラダンス教室によっても違いますがある程度の決まりがあります。

 

 

正直先生のセンスとかにもよりますが(笑)、ある程度の決まりとか、定番とかもあるのでそういった部分について書いてみたいと思います。

 

フラダンスのトップスについ

 

フラダンスのトップスですが、お腹が出るもの、出ないものがあるのですが私のようにお腹のお肉が気になる様な場合は、出来るだけ隠れるほうがいいのですが正直ハラウ(フラのスクールの呼び方)によって変わるんですよね、、

 

 

私の所ですが、上着はTシャツを着ています。お揃いで学校で作ったものです。そういった感じだといいんですが、私の友だちはチューブトップなどを着ていますので、ちょっと恥ずかしいです(笑)痩せないと、、と思いますね、、

 

 

チューブトップはパウスカートに合うので一番いいですが、やっぱりチューブトップが似合うようにある程度お肉を取る必要があります^^;

 

 

でも、フラダンスを習っていると明らかに体重が減るので、ダイエット効果が期待できますのでいいかもしれませんよ。

 

 

練習でも普通の動きやすいTシャツなどでやっています。上着はそこまで制約がありませんので、楽といえば楽ですね。

 

 

あと、ハワイアンの正装のムームーと呼ばれる、ワンピースタイプの服もあり、発表会などではムームーを着てするところもあります。

 

 

ムームーも、ハワイアンシャツ同様、長袖、半袖、色、柄など色々ありますので、厳しくないハラウ(フラのスクールの呼び方)では好きなものを選ぶことが出来ます。

 

パウスカート

 

私が友だちのフラダンスを観て、何か動かされたのですが、その一つが衣装であり、それがパウスカートと呼ばれるフラダンスの際に着用するスカートです。

 

 

パウスカートという言葉を知らないでも、フラダンスで使っているスカートといえば分かると思います。あのギャザーが入っているスカートの事をパウスカートと言います。

 

 

フラダンスを扱っているお店、また、アマゾンとかでも売っています。パウスカートの下にスパッツなどを履いてスクールで踊るというのが一般的ですね。私の行っているハラウ(フラのスクールの呼び方)では、Tシャツは何でもいいですが、下はパウスカートです。

 

 

パウスカートで個性が出ますので、カワイイくて安いものを探すのが楽しいです^^。また、フラダンスは膝の動きを先生が見ますので、パウスカートの下にスパッツを履くというのが一般的ですね^^。

 

レイとフラダンス

 

レイはフラダンスでは重要な役割を持ちます。

 

 

ハワイアンのフラダンサーは大会前は自分で花を摘みに行き自分でレイを作ります。レイは衣装として非常に大事なパーツとなっています。

 

 

また、シンボルレイと言って、ハワイでは各島によって特徴がある花でレイを作るのが特徴です。オアフ島はイエロー・オレンジのイリマ、ハワイ島は赤のオヒア・レフア、モロカイ島はシルバーグリーンのククイ、マウイ島はピンクのロケラニ、カウアイ島はモキハナなど、それぞれのレイをみるとどの島のものかを分かるようになっています。

 

 

それだけハワイの人とフラダンス、そしてレイというのはつながっていると言えます。

 

 

フラダンスを踊る際の衣装は、それぞれのハラウ(フラのスクールの呼び方)によって合わせる為、勝手に自分が好きなモノを身につけるということは出来ないのが現状です。

 

 

でも、フラダンスに関する衣装類は、基本的には全部カワイイものが多く、どれでも気に入ると思います^^。先生の趣味、また、どの種類のフラを踊るのかによっても衣装が変わりますので、ある程度運というか、そういったものが関係するかもしれませんが、、^^;

 

 

でも、フラダンスは衣装でも可愛く楽しむことが出来ますので、ぜひいろいろと楽しむことをオススメしたいと思います。

 

フラダンス