フラダンス 下半身 動かし方

MENU

自宅で踊れるフラダンス

フラダンスの下半身の動かし方について

こんにちわ、トモコです^^。
フラダンスの基本姿勢とかハンドモーションなどもいろいろと動画でわかってきたと思いますので、今日は下半身についての動画を紹介してみますね^^。

 

 

 

フラダンスですが、全身を使いますので、上半身だけとか下半身だけとかで分けるものではありません。ですので、全体を意識して取り組むのが本当ですが、私も上半身(手とハンドモーション)と下半身を連動するまでは時間がかかりました。

 

 

初心者の場合、かなり時間がかかり難しいと思いますが、慣れるまではしっかりと意識して取り組んでいきましょう。そうすればちゃんと出来るようになりますので、まず苦手意識を無くしてレッスンをしてくださいね^^。

 

 

下半身、上半身が連動すると、かなりキレイなフラダンスを踊れる様になりますし、見た目自体も全く変わってきますので、凄くいいです。ですのでしっかりと取り組んでいきましょうね。

 

この紹介している動画では、基本のフラのステップを紹介しています。まず、基本とされているステップを覚え、フラダンス独特の動きを覚えていきましょう。

 

 

ここで紹介している動き方は、各個別ページでも対応していますので、詳しく知りたい方は個別ページもご覧になってくださいね。

 

カホロ

 

動かし方、注意点などはコチラのページにも詳しく書いていますので参考にして下さい。

 

 

上半身ですが、フラの基本の手の位置に持ってきます。肘を張り、両手を胸の前に持ってきます。ハラウ(フラのスクールの呼び方)によって指導が違いますが、この先生の手の位置は、胸の前、胸と手の間、手と手の間にそれぞれ拳一個分間を空けています。

 

 

カホロは、右と左で2ステップずつ動く動作ですので、腰の動かし方が大事です。フラダンスでは足と腰が別々の動きをします。完全に右の足が着地した後に腰を右に戻すというイメージですね。

 

 

最初は足と腰の動きが難しいですが、慣れるまでしっかり練習して下さい。

 

 

上半身は動かさない様に(上下に揺れない様に。)注意します。

 

 

カカトを上げ下げしてステップするところ、カカトをつけたまま動かすというハラウ(フラのスクールの呼び方)がありますので、いろいろと違いがありますので臨機応変に^^。

 

 

フラダンスでは基本的に、ステップをしている時は常に膝が曲がっている状態になっています。お尻、お腹、背中一直線のまま下に膝が曲がっている状態になっています。

 

 

お尻が前になっていたり、背骨が曲がったり猫背になってはいけません。重心をお尻におきます。そして膝が曲がっているのがフラダンスの基本のスタンスです。

 

ヘラの動き

 

ヘラについてもコチラのページに詳しく書いていますので参考にして下さい。

 

 

ヘラは前に出します。カカトはついている所と上げている所がありますのでそこは教える人によって変わってきます。

 

 

前に出した足の膝は伸びている状態です。そして、残している足は曲がっている状態です。腰は出している足と反対に方へ残しています。

 

 

それを繰り返します。戻した時は膝は曲がっています。出している時は膝は伸びている。アミという腰を回すステップもあります。

 

 

お尻を後ろ半円、右回り、反対周り。この時も、基本のフラの位置は変わらず、アミをしている時に前かがみにならない様に重心をお尻に残したまま円を書いていきます。

 

 

ベーシックの下半身の動きですが、最初は難しいです。

 

 

いろいろな下半身の動きがありますので、少しずつでも代表的な動きを覚えていきましょう。

 

フラダンス